Greeting

代表あいさつ

明るいスタッフが一人ひとり丁寧に対応

お客様にとって一生にそう多くはない不動産取り引きや相続の機会に、ご不安なく臨んでいただけるようサポートしております。どちらもタイミング次第で損をしてしまう場合もあるため、早めにご相談いただけるのが賢明です。また、スピーディーな対応を心がけており、お客様にとって利益になるようなタイミングを逃さずお取り引きを進めてまいりますので安心してお任せいただけます。

森松 長裕
Nagahiro Morimatsu
株式会社エムズリビング代表
趣味

旅行
世界遺産が好きなので、国内外問わず行きます。

血液型

O型

特技

人と人を繋げるのが得意です。
大学生のころ、カップル10組つくりました。

横浜市鶴見区にて誠実丁寧にサポート

横浜市鶴見区にて長きにわたり、様々なお客様から不動産のお悩みにお答えしてきました。


当社では不動産に直結しない相続のご相談も積極的にお役に立てるよう誠実丁寧にサポートを行っております。

不動産会社という立場だけでなくあらゆる士業の先生方とパートナーシップを組むことで複合的に検討しなくてはならない相続事案を一つでも多く解決に導き不安を安心に変えるサポートを行っていきたいと考えております。


お困りの時の相談窓口として安心してお任せください。


メッセージ

初めまして。

横浜鶴見区で22年不動産業に従事させていただいております森松長裕(もりまつながひろ)と申します。

開業は昭和45年の老舗の不動産屋の3代目として、日々横浜川崎を中心とする不動産案件の解決に奔走しております。


3代目の私は大きな相続を2回経験しました。

1回目の祖父の時は平成3年ということもありバブルが崩壊したとは言え不動産の価値がまだ高く父が多額の相続税を払ったことを記憶しております。

実家の敷地が半分になってしまい残念に思った記憶があります。

2回目の相続は父の時ですが、この時は会社と個人の相続のダブルの相続を経験しました。

会社の相続では平社員が代表取締役になったことで何億円という会社の借金の連帯保証人になったり個人では自宅の相続やいくつか所有しているマンションの相続などを母と弟2人と相談しながら進めました。


この時頼りになったのは会社でもお世話になっている税理士の存在でした。

私のように会社と個人が密接に関わった相続は日ごろから信頼関係にある士業の先生は頼りになります。

私の場合は不動産の売却などは自社で行えましたが、普通はそうはいきません。

そのような経験から相続が不安に感じた時に気軽に相談できる窓口になりたいと思ったのです。


士業の先生に不動産業の私が調整役として加わることで冷静な話し合いが進むことはよくあります。

子供は親が現金や資産をどれくらい持っているのかなかなか聞き出せません。

また相続税がいくら掛かるのか資産を合計しなくては計算ができません。

親は子供がいくら相続税を払うのか日ごろから気になっていますが、なかなか重い腰が上がりません。

また持っている資産を売却したほうが良いのか保有したままが良いのか、考えがまとまりません。

そうこうしているうちに気が付いたら財産、資産が動かせない状態になっていたりします。


そのような事態に陥らないために相続に不安を感じた時はすぐ相談できる窓口でありたいと考えます。

不安を安心に変えることが私の使命です。